ペプチドリーム新型コロナウイルス治療薬開発

peptidram-ir-merck

6月12日の東京株式市場で、バイオベンチャー企業のペプチドリーム株価が一時15%近い値上がりとなった。終値は前日比295円高の5150円、株価上昇率6.08%で東証一部市場値上がり率ランキング48位となった。

ペプチドリームは米国製薬大手企業メルクと、新型コロナウイルス治療薬共同開発すると発表した。株式市場では将来性を期待した投資家からのペプチドリーム株式を買う動きが目立ち、値上がりした。

日経クイックニュースでは

auカブコム証券の河合達憲チーフストラテジストは「新型コロナという話題性の高さで投資家が飛びついたものの、真新しい材料ではないうえ株価水準もすでに高く、一段の上値余地は乏しい」とみていた。

と業界関係者の解説コメントを掲載していた。

ペプチドリームIR
2020年06月12日 Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.との新型コロナウイルス感染症治療薬の共同研究開発に関するお知らせ (プレスリリース)



スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット