製薬業界株投資レポート

みずほ証券医薬品セクターのアナリストレポートでは、製薬企業のバリュエーションが二極化していると指摘。

がん・希少疾患向け医薬品に対応した新治療手段や創薬プラットフォームの確立が大きなプレミアム要因になっているとみて、中外製薬の抗体改変技術や第一三共の抗体薬物複合体は、1開発品にとどまらず、複数の開発品の成功を市場が織り込んでいると解説。

日本新薬の核酸配列技術、協和発酵キリンの抗体改変技術、アステラス製薬の細胞治療にも評価余地があるとして、武田薬品はシャイアー買収で獲得した希少疾患医薬品のグローバル化による売上シナジーが期待できると評価しています。

pharma-japan


SBI証券アナリスト投資評価レーティング
5%ルール大量保有報告書 ヘリオス(4593)-野村證券
にほんブログ村 株ブログ 株初心者



スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット