高値もみ合い個人投資家は下落相場への準備

2017年相場は1月4日の大発会に大幅高、その後はじり安が続き1月18日ザラバ安値18650円まで下げたところで急反発となった。大発会の高値19615円から965円の値幅調整、為替市場ではドル円が1月3日に1ドル118円60銭から1月18日安値1ドル112円54銭まで6円のドル下落となった。

日足ローソク足チャートで、日経平均、ドル円ともに1月18日を目先の底として急反発する動きとなっている。個人投資家のマインドが18日を境に変化したかはわからないが、SMBC日興証券が毎週発表する個人投資家買付代金上位10銘柄では、2週間ぶり再びベア型ETFの日経ダブルインバースETF(1357)が1位になった。
http://stock.blogmura.com/beginnerstock/ranking.html

smbcretail-ranking-170119

日経平均株価の上値の重さが嫌気されて、個人投資家が相場下落予想への準備をしたポジションが見られた。個人投資家買付け銘柄ランキング1位に、日経平均株価が下落すると利益が得られるベア型のETFが2週間ぶりに急浮上。2位の日経レバレッジETFは日経平均株価が上昇すると利益が得られるブル型ETFだった。

東芝は米国原発事業で数千億円の特損を計上する模様から、株価が乱高下しており、急落からリバウンド狙いを買う動きが見られた。キーエンスは分割で買いやすくなることから人気を集め、任天堂は株価が冴えない局面でも個人投資家に人気のある銘柄ということが伺える。

週末には東芝に海外ファンドがスポンサーとして名乗りを挙げている報道がされており、東芝経営再建計画で資産売却、東芝テックなどが身売り思惑で株価上昇 や数多くのアナリストが東芝の投資判断を格下げする中で、マッコーリー証券が「アウトパフォーム」継続としている強気なレーティングが話題となった。

個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(1/13-1/19)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(1/6-1/12)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(12/30-1/5)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(12/16-12/21)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(12/9-12/15)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(12/2-12/8)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(11/25-12/1)




FXの次にビットコイン投資家が急増

財務省と金融庁はビットコインなどの仮想通貨を買う時の消費税を2017年春を目途に無くす方針をしめした、ネット上で存在するビットコインの普及が将来的に拡大するのは確実視、米国ではAmazonなど大手でもビットコイン決済は当たり前な物として認識されてきている。

中国では自宅にPCを何十台も用意して24時間フル稼働でビットコイン取引をする「ビットコイン・デイトレーダー」が急増している。なんと1日で700万円も利益を出すという、仮想通貨は基本的に0円にはならない、電子マネーとして決済に使えるし、ATMで現金が引き出せる時代になった。

【キャンペーン開催中】仮想通貨ならビットフライヤー



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ 

タカタ法的整理報道売買停止ストップ安売り気配、東芝損失5000億円超
5%ルール大量保有報告書 東芝(6502)-キャピタル・リサーチ・アンド・マネージメント
東芝レーティング「一覧」
2017年の有望銘柄ランキング、1位トヨタ、2位は信越化学
トランプ大統領関連銘柄、米インフラ投資、資源関連の注目株6リスト
ユナイテッド&コレクティブ上場承認、初値予想強めセカンダリー妙味
東芝経営再建計画で資産売却、東芝テックなどが身売り思惑で株価上昇




1.FX業界最狭水準のスプレッド 「全20通貨ペア」
2.初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール 「もちろんスマホからでも取引可能!アプリで楽々トレード」
3.カスタマーサポートも充実で初心者も安心 「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」
4.安心安全の『全額信託保全』導入済み 「3つの信託銀行でお客様の大切な資産を管理しております」
5.業界初!『時事通信社』ニュース配信 充実の為替情報でFX取引の参考に


スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック