トランプ相場はいつまで?トランプ相場終わり?

3月24日~3月30日までの日経平均株価は3勝2敗、19262円53銭から19063円22銭まで199円31銭の値下がり、週末3月31日の終値は18909円26銭と19000円割れで引けた。トランプ相場の終わりを感じさせるように米国株式市場で3月月間のNYダウは5か月ぶりに149ドル安となった。

3月期末配当取り権利付き最終売買日が3月28日だったことを受けて、日産自動車、JAL、みずほフィナンシャルグループなど配当狙いや株主優待狙いの買いが入ったが、個人投資家買付代金上位10銘柄の騰落率は8社が下落している。

人気ランキング上位30
http://stock.blogmura.com/beginnerstock/ranking.html

smbcretail-ranking-170330


TASAKIがMBOによる株式公開買付でストップ高M&Aキャピタルが野村證券によるレーティング「BUY」で大幅高、働き方改革による人材関連でWBDホールディングスや新日本電工は岩井コスモ証券のレーティングが好感された。

働き方改革関連銘柄(人材派遣、女性の社会進出、高齢化)

海外ではトランプ大統領の公約「オバマケア代替法案」が成立せず撤回したことで、今後のトランプ政権の政策シナリオが弱まるとの見方から米国株が下落。欧州ではトランプ人気が下がるとフランス大統領選挙でルペン氏の支持率が下がるとの見方から欧州株が上昇している。

投資家はトランプ相場はいつまで続く?トランプ相場は終わり?という点が注目されている。5か月ぶりに米国株式市場でNYダウが月間で下落した、しかしナスダック総合指数は最高値を更新、アマゾンドットコムは上場来高値を更新している点は強気材料。日本株は4月の日銀短観発表を見て相場の変化を見極めること、中小型株、半導体関連が投資対象となってくる予想だと思われる。

国内では森友学園問題で国会機能が空回り、予算成立そっちのけで安倍首相夫人叩きをしており、フィナンシャルタイムズでは「ABEXIT」と報じられた。ABEXITとは安倍総理が退陣したら日経平均株価が20%下落リスクがあるとメディアが報道している事。



個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(3/24-3/30)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(3/17-3/23)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(3/10-3/16)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(3/3-3/9)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(2/24-3/2)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(2/17-2/23)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(2/3-2/16)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(2/3-2/9)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(1/27-2/2)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(1/20-1/26)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(1/13-1/19)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(1/6-1/12)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(12/30-1/5)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(12/16-12/21)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(12/9-12/15)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(12/2-12/8)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(11/25-12/1)


にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ 

スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック