相場見通しに弱気・強気が入り混じる

3月30日~4月5日までの日経平均株価は3勝2敗、この期間の高値は2万1737円、安値は2万1056円だった。米中貿易摩擦が相場の不安定要因でありながらも、不安後退と貿易摩擦懸念の繰り返しで相場はボラティリティの大きい乱高下。日経平均株価は3月22日以降の急落から再び2万1500円を回復して投資家のリスクオンが優勢となった。
http://stock.blogmura.com/beginnerstock/ranking.html
smbcretail-ranking-180405
SMBC日興証券が毎週公表するリテール部門での個人投資家買付代金上位ランキングには、連続してベア型ETFが1位、ブル型ETFが2位となった。物色の方向は乱高下する半導体関連銘柄の押し目買いでSUMCO(3436)、東京エレクトロン(8035)が買われ、ファーストリテイリング(9983)はユニクロ既存店売上高が3月月次動向で前年比13%増となったことが買い材料視、12月決算企業で好決算期待の先回りからキヤノン(7751)が買われ、内需関連として三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)、日経平均指数寄与度の大きいソフトバンクグループ(9984)も買われた。

ランキング外ではPOSシステム・無人レジ関連銘柄としてヴィンクス(3784)が大きく値を上げ週間騰落率は37%、いきなりステーキ、ペッパーランチを運営するペッパーフード(3053)は米中貿易摩擦により米国産牛肉価格の下落期待、肉ブームで外食産業の「肉関連」銘柄が買われる流れとなった。

マネックスグループ(8698)は、1月に仮想通貨NEM流出事件を起こしたコインチェックに買収提案と報じられ株価急騰。会社側の発表でないことから一旦は軟調になる場面もあったが、4月6日にマネックスとコインチェックが共同記者会見。正式にマネックス証券の持株会社マネックスグループがコインチェックを36億円で買収・完全子会社化とすることを発表してマネックスG株価はストップ高買い気配まで買われて急騰した。

コインチェック「IPOめざす」、マネックス社長ら会見。



金融庁登録済み 仮想通貨業者

Bittrade(ビットトレード )
コインエクスチェンジ
GMO-Z.comコイン株式会社
みんなのビットコイン株式会社
ビットフライヤー
DMM Bitcoin

GMOコイン

個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(3/30-4/5)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(3/23-3/29)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(3/9-3/22)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(3/9-3/15)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(3/2-3/8)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(2/16-2/22)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(2/9-2/15)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(2/2-2/8)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(1/26-2/1)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(1/19-1/25)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(1/4-1/11)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(12/8-12/14)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(12/1-12/7)

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット