HEROZ初値4万9000円、公開価格の約11倍

4月20日~4月26日までの日経平均株価は2勝3敗、ゴールデンウィーク連休前の週末27日は2万2495円56銭の高値まで上昇して、約3か月弱ぶりの高値に回復した。

特に2万4500円の価格帯は2月5日~2月6日に掛けて日経平均株価の日足チャートが窓を開けて急落したポイントであり、窓の上限22659円を奪回するとチャート妙味が増すタイミング。

月々400円!でAI株価予想を手に入れる。【日経平均AI予想 GROWIN】

smbcretail-ranking-180426

引用先:SMBC日興証券公式ページ

物色の流れは相場上昇を予想する投資家が多く、SMBC日興証券リテール部門が毎週公表する個人投資家売買代金ランキング1位にブル型ETFの日経レバレッジ(1570)が連続で上位に入った。弱気派のベア型ETFは今週もランキング圏外にあることから、市場参加者は強気上昇相場が続くスタンスが多い模様であると推測できる。

一時期よりは売買代金が減少してピークを越えたかに見えるが、マネックスグループ(8698)が10位にランクイン、騰落利率は26.2%上昇となった。IPO史上初の初値10.8倍となり大注目新規公開株のHEROZ(4382)は、寄り付き直後から株価急落となりストップ安まで下落したが個人投資家の買付代金ランキングに入っているのは驚き。

武田薬品工業は英国Shire社を約460億ポンド、日本円で約7兆円という大型M&A案件を検討しており、武田薬品は資金調達すると株式の希薄化となる懸念や、高額過ぎる買収が成功するのか財務面での懸念から株価下落が続いており、逆張り志向の個人投資家は武田薬品株価の安値を拾っている様子。

日本電産は好決算を好感して買われ、東京エレクトロンは決算発表前に仕込む動きが目立った。外国為替市場は米国長期金利が3%台に乗せてドル高/円安となるなか、日米の金利差がメリットを産むとして国際銀行業務を行う三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)など銀行株、生保などの金融株が上昇した。

今週目立った銘柄は、宮越ホールディングス(6620)は連続ストップ高と急上昇。中国深セン都市開発の進展が好感されて材料性に富む銘柄へ資金が集中した。アフィリエイト広告ASPのバリューコマース(2491)は第一四半期決算が大幅増収増益を評価して値上がり、エムアップ(3661)はVR事業で新会社設立や業務提携などポジティブ材料が連続して買われた。

一方でネガティブサプライズ決算となったJSR(4185)は2018年3月期実績、2019年3月期会社計画の見通しが市場予想コンセンサスを下回り急落、総合メディカル(4775)は2019年3月期の営業利益予想を2ケタ減益と発表した事が嫌気されて株価下落となった。



金融庁登録済み 仮想通貨業者

Bittrade(ビットトレード )
コインエクスチェンジ
GMO-Z.comコイン株式会社
みんなのビットコイン株式会社
ビットフライヤー
DMM Bitcoin

GMOコイン

個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(4/20-4/26)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(4/13-4/19)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(4/6-4/12)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(3/30-4/5)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(3/23-3/29)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(3/9-3/22)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(3/9-3/15)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(3/2-3/8)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(2/16-2/22)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(2/9-2/15)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(2/2-2/8)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(1/26-2/1)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(1/19-1/25)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(1/4-1/11)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(12/8-12/14)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(12/1-12/7)

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット