売りか買いか迷うところ

5月18日~5月24日までの日経平均株価は2勝3敗、北朝鮮とアメリカが6月12日にシンガポールで初の首脳会談を予定、円安ドル高、米国長期金利が3%超え、日経平均先物をゴールドマンサックス、クレディスイスが買い越しがリスクオン。

5月21日の日経平均株価は2月2日以来、約2か月半ぶりに2万3000円台を回復。しかし上値は重く、2万3000円達成後は外資系2社の先物売りに傾き、米朝首脳会談を中止するとのトランプ大統領が発言したことで急速に相場は下落に傾いた。

週末5月25日の終値は2万2450円79銭、21日戻り高値2万3050円39銭から599円60銭下落となった。グローバル投資家の注目点は、米朝首脳会談の実現になるか、東アジアの平和、米国イラン核合意からの離脱で中東情勢と原油価格、米国長期金利の上昇が一服するか、欧州不安はイタリア、スペイン、トルコの国内情勢が不安材料として残る。

月々400円!でAI株価予想を手に入れる。【日経平均AI予想 GROWIN】

smbcretail-ranking-180524

日経平均株価は25日移動平均線が75日移動平均線を上抜いて、ゴールデンクロスを計上。チャート的にも強気ムードが高まったが急速にトレンドが変わり25日移動平均線まで下落した。テクニカル的には25日移動平均線が下値サポートライン、一目均衡表の基準線がサポートラインになることが注目される。

世界情勢によっては海外投資家が日経平均先物を売り越し継続するか、買いに転換するかがポイントで押し目買いは目先では慎重に、中長期ではチャンスと考えられる。今後は海外ニュースに相場変動が影響されることは要注意。

SMBC日興証券が毎週公表する個人投資家買付代金ランキングは、引き続きブル型ETFがトップ。日経レバレッジ、Ploom-TECH発売を期待材料に日本たばこ産業、Shire買収による資金負担で売られた武田薬品工業などが押し目買い旺盛だった様子。

ソニー経営説明会 IR Day2018は株価変動の材料となった、期待感から上昇したものの説明会が始まると株価急落、任天堂は1月4日の年初来安値に接近したことで買戻しが入った。

週間騰落率ランキングで目立ったのは、Amazonとポイント交換を開始すると発表したセレス(3696)が大幅高、ネクソン(3659)はスマホ向け新作ゲーム「OVERHIT」サービス開始を発表して買われた。陸運・運送業の株価パフォーマンスが堅調な中、西濃運輸のセイノーホールディングス(9076)は、複数の証券会社が「買い推奨」したことで株高となった。



アナリストレポート無料で読める証券会社

岩井コスモ証券
マネックス証券キャンペーン
・IPO開始ライブスター証券
・手数料の安い「松井証券
・SBI証券初めての方でも安心のサポート
・中国株取引・アジア情報に強い「東洋証券



個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(5/18-5/24)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(5/11-5/17)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(5/7-5/10)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(4/20-4/26)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(4/13-4/19)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(4/6-4/12)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(3/30-4/5)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(3/23-3/29)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(3/9-3/22)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(3/9-3/15)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(3/2-3/8)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(2/16-2/22)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(2/9-2/15)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(2/2-2/8)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(1/26-2/1)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(1/19-1/25)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(1/4-1/11)

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット