日本株はレンジ相場抜けを視野に

週明けに21500円台を回復した日経平均株価、2018年度に13%上昇した東証REIT指数が株価上昇の反面で調整した。株式市場見通しの関係者は地銀など金融機関が年度末にREITを利益確定売りしたとの観測。

SMBC日興証券は「日本株はレンジ相場抜けを視野に」と、中国企業景況感の持ち直しの動きと、米中通商協議は今後4週以内の合意されるとの見通しという報道からレンジ相場抜けを示唆。

smbcretail-ranking-190404


SMBC日興証券リテール部門が集計公表している「個人投資家の買付動向」でランキング上位は、またもや日経ダブルインバースが日経レバレッジを上回っている状況が続いている。

ランキング上位個別銘柄では、ZOZO(3092)が銀行融資枠を設定したと報じられ株価急落、サザビーに前澤社長所有の美術品のオークション出展や、保有する個人資産の自社株が銀行に担保差入などから、ZOZO前澤社長の資金繰りを懸念する報道があり、ZOZO株価は急落してたが押し目を拾う動きも出た。

東京エレクトロンなど主要半導体企業の株価が上昇して、年初来高値を更新する銘柄がでてくる中でSUMCO(3436)は個人投資家に手掛けやすい株価水準であることから人気化。

ファーストリテイリング(9983)は3月のユニクロ国内既存店売上高が好調だと伝わり、機関投資家や個人投資家からの買いを集めて株価上昇。



【最新版】超・短期売買で「仕手株投資」に勝つ!

モルガン家(上) 金融帝国の盛衰 (日経ビジネス人文庫)

中古価格
¥1から
(2019/3/17 09:51時点)

モルガン家(下) 金融帝国の盛衰 (日経ビジネス人文庫)

中古価格
¥550から
(2019/3/17 09:54時点)


アナリストレポート無料で読める証券会社

岩井コスモ証券
マネックス証券キャンペーン
・IPO開始ライブスター証券
・手数料の安い「松井証券
・SBI証券初めての方でも安心のサポート
ロボット投信キャンペーン中!THEO+ docomo
楽天証券は国内株式現物取引手数料は54円(税込)から



個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(3/29-4/4)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(3/21-3/28)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(3/15-3/20)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(3/1-3/14)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(3/1-3/7)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(2/8-2/14)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(2/1-2/7)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(1/25-1/31)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(1/18-1/24)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(1/18-1/24)
個人投資家動向、買付け銘柄ランキング(1/4-1/10)



スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット