信用倍率は約10ヶ月ぶりの水準に上昇

新型コロナウイルス感染拡大ニュースが世界中に広がり、株式市場は昨年来の上昇した利益確定する動きで大きな値下がりとなった。日経平均株価は23000円を下回り、NYダウも大幅安。

1月24日申し込み分の信用買い残は前週比815億円増加して2兆4400億円、信用売り残は105億減少して8817億円となった。相場下落の仲でも投資家は押し目買い意欲が強いことが伺える。

smbcretail-ranking-200130


SMBC日興証券が毎週集計公表している個人投資家の買付動向では、引き続きブル型ETF(日経レバレッジ)、ベア型ETF(日経ダブルインバース)が上位を占めた。中国武漢市から広まった新型コロナウイルス感染が世界中に拡大しており、中国経済、世界経済への影響が心配され投資家はリスクオフになり持ち高整理の売り越し。

国内企業決算発表では、日本電産2020年3月期業績下方修正にて売られて下落、任天堂はNintendo Switch 好調を期待して株式相場が悪く売られた局面には押し目買いが入った模様。

機関投資家など含み益のある建玉を利益確定売りする流れで、大型株が値下がりする傾向が目立った。トヨタ自動車、ファーストリテイリング、ソフトバンクグループ、ソニー、東京エレクトロンなど日経平均株価指数寄与度の高い銘柄ほど株価下落する1週間だった。



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

アナリストレポート無料で読める証券会社

岩井コスモ証券
マネックス証券キャンペーン
・IPO開始ライブスター証券
・手数料の安い「松井証券
Tポイントで始められる投資【SBIネオモバイル証券】
ロボット投信キャンペーン中!THEO+docomo
楽天証券は国内株式現物取引手数料は54円(税込)から





スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット