食品ネット通販、RF1、Oisixドット大地

RF1-sozai


1月9日の東京株式市場ではロック・フィールド株価が買い気配から始まり、先週末比147円高の2200円で寄り付いた。その後2280円まで株価上昇して昨年来高値を更新。10月27日につけた2150円を約2か月半ぶりに上抜いた。

みずほ証券がロック・フィールド(2910)投資判断を「アンダーパフォーム」から「買い」に引き上げ、目標株価1580円から2640円に引き上げたことが好感された。投資家はレーティングと目標株価の変動率が大きかったことで値上がりする銘柄として買い手掛かり材料となった。

アナリストレポートでは、2019年4月期の営業利益最高を更新すると予想、食材ネット通販市場拡大で先行対応のロック・フィールドにも参入機会との見込み。投資判断とバリュエーションは惣菜製造販売大手のケンコーマヨネーズ(2915)、柿安本店(2294)の2018年予想PER17.7倍~23.6倍のレンジや、食品食材ネット通販のオイシックスドット大地(3182)予想PER40.6倍から考慮。

同社ブランド、RF1の売上落ち込み分を、グリーン・グルメ売上高増加により吸収した。O-157問題でポテトサラダ等の停滞が響いている様子。総店舗数は2013年4月期に338店舗でピークとなり現在は店舗数減少傾向、主力のRF1は2010年度190店舗から2017年度は160店舗まで減少した。



5%ルール大量保有報告書 オイシックス(3182)-テンパード・インベストメント(カナダ)
にほんブログ村 株ブログ 株初心者
仮想通貨関連銘柄2018年、ビットコイン価格が230万円突破



スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット