Jトラスト社長保有株売却は市場外取引

samurai-J

SAMURAI&J PARTNERS株価が6月12日高値666円から、7月9日安値335円まで大幅下落したことで個人投資家を中心に関心が高まっている。同社は新都ホールディングス株の売却、楽天LIFULL STAYとの業務提携など株価材料が相次いで発表して話題になったばかり。

株式市場関係者は大量保有報告書に注目、7月10日提出された最新情報では、Jトラスト(8508)社長の藤澤信義氏が保有するサムライ株保有比率が減少している。従来保有株比率35.49%→32.51%へ減少、現在は11,458,000株となった。

兜町関係者は6月に株価上昇後、新株予約権行使して普通株式に転換後に売却して利益を出している点が注目された。さらに7月4日に33万株を453円51銭、7月5日に33万株を386円09銭で大量に処分売りをしているが、「市場外取引」で買い手がどこに収まったのか?が話題になっている。

大量保有報告書 SAMURAI&J PARTNERS(4764)-藤澤信義(Jトラスト社長)

samurai464chart

チャート引用SBI証券:初めての方でも安心のサポート

にほんブログ村 株ブログ 株初心者



スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット