セリア投資判断引き下げSSS低迷

seria

100円ショップの中でも人気の高いセリア売上低迷が長期化している。SMBC日興証券アナリストレポートによると、「2018年1月以降ほぼSSS(既存店売上高)はマイナスで推移しており」と分析。

100円ショップ業界はDIY、ハンドクラフトブームの終焉、立地条件、競争激化の変化が出ている。Seriaは出店数の拡大と経営の質の高さが評価されて中長期成長が期待されてきたが、SSS鈍化が続くならば利益成長率が横ばいとなり、同証券は投資判断レーティングを「2」から「3」へ引き下げ、目標株価を2700円から2400円へ引き下げている。

セリア(2782)「アウトパフォーム」→「アンダーパフォーム」
http://stock.blogmura.com/beginnerstock/ranking.html



スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット