ゼネコン株に外資系証券がポジティブレポート

建設株が高く始まった、大成建設(1801)、大林組(1802)、清水建設(1803)、鹿島(1812)など大手ゼネコン株価上昇。外資系証券クレディスイス証券がレーティング(投資評価)を引き上げたレポートが市場関係者の間で伝わっている。

クレディスイス証券では建設セクターのトップピックに大成建設、清水建設レーティングを「ニュートラル」から「アウトパフォーム」へ格上げ、目標株価を1300円から1400円に引き上げた。きょうはクレディスイス証券経由の建設株買いがあった観測。

shimizu
セブンイレブンベトナム・フェイスブック
株ブログランキング、有力サイトで注目株が紹介されています



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ 

コンビニ店長の残酷日記 (小学館新書)

新品価格
¥799から
(2017/9/9 11:44時点)

スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット