ソフトバンク投資評価、SMBC日興証券レポート

softbankvisionfund

SMBC日興証券はソフトバンクビジョンファンドについて、今後はファンドの投資実行、スプリントの抜本的解決・業界再編などをレポートで紹介している。アナリストはソフトバンクグループ目標株価を10500円から10700円に引き上げた。

アナリスト分析では国内通信事業Softbankに関して、ワイモバイルやコスト削減では補えず、サービス減収、2018年3月期のセグメント利益を500億円引き下げとしている。

注目されるソフトバンクビジョンファンドは、NVIDIA、アリババ株の上昇が利益になり重要度が増している。今後の注目点はスプリントのCATV買収観測や、Tモバイルとの業界再編、ソフトバンクビジョンファンド投資加速と成果だという。

ソフトバンク(9984)バフェット氏がスプリントへ巨額出資報道を好感
シャープ株価上昇、ソフトバンク・ビジョン・ファンドへ1000億円出資を発表
2017年3月期ソフトバンク決算説明会、ソフトバンク投資ファンド説明会はポジティブな印象
一目均衡表「売りシグナル・買いシグナル」がわかるDVD



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ 

スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット