東京エレクトロン、ディスコ半導体企業株価が大幅安

12月5日の株式市場では東京エレクトロン(8035)、SCREEN(7735)、ディスコ(6146)、SUMCO(3436)、アドバンテスト(6857)、ニコン(7731)、ソニー(6758)など半導体関連銘柄が急落。

東京エレクトロン株価は3日ぶりに2万円の大台を割り込み1万9965円まで株価下落した。ディスコ株価は1130円安の2万3200円まで売り込まれる場面もあった。

こうした半導体企業が売られる背景には、昨晩の米国市場でフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)が2%超の下落となったことで、一貫して上昇してた銘柄群に利益確定の売りが続いている。

国内著名ストラテジストは、半導体関連株から銀行株へのシフトを推奨したことが話題になったばかり、また物色動向は内需小売り関連めいがらに循環していることも注目された。

SOX-index


半導体株急落、株式ストラテジストは銀行株投資へシフトを推奨
日経平均株価テクニカル分析2018年に向けて上昇の勢いが強まる



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ 

スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット