サマーストック銘柄

arrows_img02

外需:押し目買い

村田製作所(6981):積層セラミックコンデンサの需要は底堅い。5G関連部品も展開、ダイキン(6367):主力の中国は環境が厳しいが、販売地域拡大など進める。

代表的なサマーストック・・・春から初夏の株価動向に注目、ソニー(6758):ゲームや画像センサーへの期待は持続、竹内製作所(6432):小型建機の需要は欧米で強い(老朽インフラ向け)。2020年2月期の会社予想は弱いがこれは例年のこと。今後は上振れに期待

三井海洋開発(6269):洋上石油・ガス生産設備を手がける。受注モメンタム改善期待が高まっている、スター精密(7718):国内のキャッシュレス決済と中国の5G投資という二つのテーマに関連、東洋合成(4970JQ-S):新しい半導体製造技術「EUV 露光」に対応した感光性材料が拡大

レーザーテック(6920):EUV露光対応フォトマスク等の検査装置において世界的にリードしている。受注は高水準


内需・ディフェンシブ

オリエンタルランド(4661):4/25 の決算で弱気の新年度会社予想が出るかもしれないが、パーク再開発やファストパス有料化への期待は継続へ、

ウエルシアHD(3141):調剤が得意なドラッグストア。薬剤師の業務負担軽減を認める当局通知を好感する動きあり、朝日インテック(7747):米国でPTCAガイドワイヤーの単独直販開始、ダイワボウHD(3107):パソコン販売。Windows7サポート終了特需に期待、レノバ(9519):再生エネルギー発電。バイオマスや洋上風力など複数の案件が進捗



GMOクリック証券アナリストレポート、銘柄診断無料サービス
マネックス証券、新規口座開設キャンペーン





スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット