SUMCO今後の見通し大幅増益揺るぎない

モルガンスタンレーがサムスン格下げ、半導体市況の懸念を示したことで世界中の半導体関連銘柄が値下がりした。日本株では東京エレクトロン(8035)、ディスコ(6146)、SCREEN(7735)など半導体関連株が急落した。

SMBC日興証券は「NAND需給緩和の影響軽微、契約に基づく値上げで大幅増益続く」として、SUMCO(3436)投資評価「1」を継続、目標株価を2020円から3350円へ引き上げ、セクター内トップピック銘柄継続としている。

アナリストによるSUMCO今後の見通しは、2018年12月期以降も大幅増益シナリオに揺るぎないと認識と強気の姿勢。直近の株価調整は押し目買いの個人投資家にも関心が高まっている。

sumco-semicon

半導体関連株が急落、フィラデルフィア半導体株指数が2%下落
SUMCO株価は評価不足、レーティング「BUY」目標株価2700円
にほんブログ村 株ブログ 株初心者



スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット