韓国旅行キャンセル旅工房、ハナツアー旅行代理店に影響

korea-demo
日本製品不買運動デモが韓国内で大規模で行われ、文在寅(ムン ジェイン)は反日発言を強調、全ての原因は日本にあるとして、ソウル市が日本製品不買のぼり旗を日本人観光客が多く訪れる明洞など目抜き通りに設置(市民の批判で数時間後に撤去)するなど、日韓関係は修復不可能な段階へ進んでいる。

日韓関係の悪化で旅行代理店への影響が出始めている、韓国では大々的に日本旅行を自粛する運動が高まり、韓国人ユーチューバーは日本行き航空券を破りすてる動画を投稿して盛り上がってるという。



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ 

HANATOUR JAPAN株価が約4割下落

東証マザーズ市場へ上場している韓国旅行代理店大手の日本法人ハナツアージャパン(HANATOUR JAPAN)は7月上旬の段階で「韓国から日本旅行の新規予約30%減少」と売上減少していると明かしていた。HANATOURJAPAN(6561)株価は6月下旬1555円だったが、8月6日の安値943円まで値下がり、約40%株価下落となった。

HANATOURJAPAN-Chart



オンライン航空券予約・ホテル予約キャンセル影響

tabikobo

専門トラベル・コンシェルジュがつき、オーダーメイド旅行が得意分野の旅工房はテレビ朝日ANNニュースでのインタビューで「7月半ばから香港と韓国の予約のキャンセルが多くなってきている」という。過激な反日デモが連日行われている韓国旅行キャンセル、香港では逃亡犯中国本土引渡条例に反対する時には200万人動員という超大規模なデモ、最近では白シャツ集団が民間人を襲い暴行を加えるという事件まで発展している。


夏休みの旅行先を急きょ、変更する人が増えている。 6日、都内にある旅行代理店で話を聞くと・・・。 旅工房広報担当・細田亜優奈さん:「7月半ばから香港と韓国の予約のキャンセルが多くなってきております。一部のお客様からは『今、行っても大丈夫でしょうか』という声も頂きます」 香港と韓国。どちらも日本から近く、気軽に行ける人気の場所のはずだが、香港では逃亡犯条例を巡って大規模な抗議活動が続き、韓国では輸出管理の優遇対象国から除外されたことで反日の感情をあらわにする人たちがいる。 お寺の敷地内には日本人もよく来るという占い師・劉さんの店。 占師・劉さん:「7割から8割、日本人観光客は減りました」 そんな劉さんに今後の香港を占ってもらう。その結果は・・・。 占師・劉さん:「将来は今より良くなる」 一方、ソウルの中心部では朝から作業が進められていた。ソウルの目抜き通りに白いのぼり旗がずらりと並んでいる。旗には「ボイコットジャパン」「行きません、買いません」と書かれている。のぼり旗はソウル中心部を管轄する区役所が設置した。しかし、多くの市民から批判が殺到。今、街灯からのぼり旗が撤去された。設置からわずか6時間足らずでの撤去となった。のぼり旗はただの布切れになってしまった。 ちなみに、6日に取材した日本の旅行代理店によると、香港や韓国に代わって台湾を旅行の行き先に検討している人が増えているということだ。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp
スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット