タカタ株式売買停止、民事再生手続き開始

takata-baner

エアバッグリコール問題で私的整理か法的整理かをスポンサーと交渉続けていたタカタが、2017年6月中に東京地裁へ民事再生法を申請すると報じられた。負債総額は1兆円を超え製造業では戦後最大の負債総額となる倒産となる。

経営再建中のタカタはスポンサーに、中国・寧波均勝電子の傘下企業KKS(キー・セイフティー・システムズ)が新会社を設立して旧タカタにリコール費用1兆円を負担させ、新会社とは債務を切り離して事業継続する計画案となる見込み。

東京証券取引所は午前8時20分からタカタ株式の売買停止を発表した。理由は「民事再生手続開始に関する報道の真偽等の確認のため」としてホームページで公表している。

タカタ売買再開、売り気配「法的整理」報道は会社側のコメントでないと否定
タカタ(7312)米司法省へ罰金支払い新たに発生で合計1004億円
ユニフォームネクスト初値予想は「Sクラス」
かんたん!ビットコイン口座開設マニュアル

3秒診断



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ 


スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL