東京エレクトロン新中期経営計画説明会資料

東京エレクトロン(8035)が大きく値を下げている。5月29日の米国株式市場ではダウが一時400ドルを超える大幅安となる場面もあり、海外投資家がポジション整理の日本株建玉の売りを出したり、相場下落による個人投資家が追証回避の売りを出しているとの観測。

半導体製造装置大手の東京エレクトロンは、29日の8時45分に中期経営計画を発表。内容は極めてポジティブとの印象をリサーチアナリストに与えたが、地合いが悪く株価は大幅安。5月30日前引けは745円安の20430円と下落して75日移動平均線まで到達してしまった。

ドイツ証券は「長期の成長に目線が移り、再び株価は上昇局面に転じると考える」とポジティブなコメントのレポートをリリースした。同社の投資評価は「BUY」継続、目標株価31700円を据え置きとしている。

TEL-IR

東京エレクトロン決算説明会資料
GMOクリック証券アナリストレポート、銘柄診断無料サービス
マネックス証券、新規口座開設51000円プレゼントキャンペーン





人口知能で株価を予想。【日経平均AI予想 GROWIN】

スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット