東亜建設増配10円から20円に倍増

toa-corporation

NYダウ平均株価が724ドル安の23957ドルと急落した流れで、日本株も全面安となっている。日経平均株価は後場933円安の20558円、TOPIXは59ポイント安の1667ポイント、3.4%の下落率となっている。

こうした中で逆行高しているのは、東亜建設(1885)が281円高の2413円と上昇率13%超の大幅高。前日に業績上方修正と増配を発表、従来予想配当10円から20円に倍増させたことが投資家にポジティブサプライズ決算として買われている。

直近でも東亜建設株を外国人投資家が大量保有、3月20日付けの大量保有報告書では、ヘンダーソン・グローバル・インベストメントが発行済み株式の5.55%を大量取得したばかり、また時々、大口投資家として名前が出てくる双葉不動建設が発行済み株式の7.8%を所有している。

5%ルール大量保有報告書
東亜建設工業(1885)-ヘンダーソン・グローバル・インベスターズ
東亜建設工業(1885)-双葉不動産建設(保有株増)
にほんブログ村 株ブログ 株初心者



スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット