東京エレクトロンデバイスPBR1倍割れバリュー株投資

tokyo-electron-device

IOT、自動車の電装化、仮想通貨のマイニング、高速処理サーバーデータセンター、スマートフォン向けなどで半導体需要が高く、半導体製造装置関連企業の好業績となっている。ディスコ(6146)、SUMCO(3436)、SCREEN(7735)、東京エレクトロン(8035)は半導体関連株の中核銘柄として株高傾向。

東京エレクトロンデバイス(2760)は東京エレクトロン系列の半導体商社。産業用、スマートフォン、車載用が好調、1月29日に第三四半期決算発表した内容は売上高が前年同期比27.3%王の1194億2700万円、営業利益は4.9倍の21億400万円、経常利益は4倍の18億4100万円と大幅増益。

特定株が51.5%を占め、浮動株は29.2%しかない、PER17倍台、PBR0.97倍と1倍を下回り会社解散価値よりも現在の株価は割安に放置されている。市場関係者からはファンド筋が見直し買いを入れているとの観測、業績面と毛並は東京エレクトロン系列ということもあって完璧とも。

株価は昨年来高値2490円を再び窺う展開、前引けは132円高の2243円。一株純資産で2301円、現在の上昇局面は真空地帯を駆け上がるような位置で上値は相当大きいとの期待が持てそう。



にほんブログ村 株ブログ 株初心者



スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット