アナリストレポート注目株、TOKYO BASE

新しいファッション、若者に注目されているアパレル企業として、「STUDIOS」を旗艦店に「UNITED TOKYO」などを運営しているTOKYO BASE(3415)が投資家の間に注目されている。

2016年2月は321円70銭の低位株だったTOKYO BASEは、2017年8月18日に6210円まで株価約20倍になった。若者向けに国内ブランド特化型、独自ブランドを提要サービスが顧客に受け入れられて業績を伸ばしている。

岩井コスモ証券ではTOKYOBASE投資判断を「A」継続、目標株価3800円から5500円に大幅に引き上げるレポートを発行した。STUDIOSとUNITED TOKYOが利益成長、売上高1000億円を目指す成長企業とアナリストからの評価が高い。

TOKYO BASE好決算だが株価急落、好決算でもサプライズ無し
レッド・プラネット・ジャパン(3350)上場廃止猶予期間入り
TOKYO BASE目標株価4100円→6300円引き上げアパレルEC急成長



UNITED-TOKYO





にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ 

スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット