自動車株が軒並み安、トヨタ(7203)にトランプショック、円高も重し

toyota-mexico-factory

6日の東京市場で自動車株が軒並み安。トヨタ自動車(7203)は売り気配スタートし、前日比216円(3.1%)安の6830円まで売られている。各メディアで、トランプ次期米大統領が「メキシコ工場新設について自身のツイッターに『ありえない。高い関税を払え』と投稿した」と伝えられ、売り手掛かり材料視されている。

また、足下でドル・円が115円台前半で推移するなど、円高が進行しており、自動車株など主力の輸出関連株には重しとなっている。


スポンサーリンク

トヨタ(7203)に注目、トランプ次期米大統領がメキシコ工場新設に「ありえない」と投稿

6日の東京市場でトヨタ自動車(7203)が注目されそうだ。日経電子版など各メディアが、「メキシコ工場新設について自身のツイッターに『ありえない。高い関税を払え』と投稿した」と伝えている。

5日の米国株式市場で日本株の米預託証券(ADR)で、トヨタは0.6%下げた。足下の円高基調が重しとなるほか、トヨタが名指しで批判されたことが自動車株全体に暗い影を落としそうだ。


2017年の注目銘柄、国内トップ証券が三菱自動車など7銘柄を紹介
米投資ファンド・キャピタルグループが任天堂株式を売却へ
ドイツ証券が米インフラ投資関連銘柄を再び目標株価を引き上げに動いた
第三銀行と三重銀行が経営統合交渉報道、新華HD上場廃止猶予期間解除
一目均衡表やさしいチャート教室1~6全巻セット


スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック