ツルハ杏林堂買収スケールメリットで業界トップシェアへ

tsuruha-kyorindo

成長市場ドラッグストアの業界再編が特に地方で始まっている、ツルハホールディングスと静岡県を営業地盤とする杏林堂グループホールディングスの2社が、資本業務提携を発表した。

杏林堂は静岡でトップクラスのシェアを誇るドラッグストアで、78店舗を展開中。ウェルシア薬局を展開するウェルシアHDの競合企業で、2017年4月期の売上高は895億円、営業利益28億円規模。

ツルハHD(3391)は杏林堂HDの発行済み株式数51%取得予定、2019年5月期には業界シェア1位がになるスケールメリット強化が計画されている。国内大手証券によるツルハHD投資判断は「BUY」、目標株価14300円、時価12530円から上値余地が十分にあると判断している模様。

キャッシュパスポート



にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ 

スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット