ユニーファミリーマート業績上方修正

familymart


10月4日引け後、ユニー・ファミリーマートホールディングス(8028)は、2019年2月期の上期利益計画の上方修正を発表した。3月~8月期の事業利益計画は425億円の計画だったが、495億円へ70億円の増額修正となった。

利益を増額修正した要因の大半がコンビニエンスストアが稼ぎだしたものであり、スーパーマーケット事業と、コンビニエンス事業での利益面が大きく差が出ていることがわかりやすい。

かつて、イトーヨーカ堂の子会社だったセブンイレブンは、いつの間にか、セブン&アイホールディングスとなり、子会社が親会社を飲みこんでしまったかのようで類似している。

WASHハウス値下がり1位、ファミリーマートがコインランドリー参入
野村證券がユニー・ファミリーマートHDレーティング保留へ





レーティング速報メルマガ
にほんブログ村 株ブログ 株初心者



スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット