日産自動車のレーティング投資評価

nissan-logmark

日産(7201) 国内調査機関は販売好調と株価の割安感を評価

日産自動車が小幅続落。安いところでは前日比24円安の1095円まで売られる場面があったものの、売り一巡は買いが優勢の展開。現在は今日の高値圏で推移している。

 TIWでは、12月の販売は好調と指摘。4月からの累計は概ね計画線との見方で、先進技術での先行などを踏まえると株価に割安感が強いと評価。レーティングを「2」から「2+」に引き上げている。


7日間無料トライアル・メールマガジンで配信される内容




2017年10大びっくり予想、波乱トランプ経済政策、一つの中国の見直し
5%ルール大量保有報告書 T&C(3832)-森博和(会社役員 株式会社和光住建)
UMNファーマ、レーティングカバレッジ削除、ヘリオス、タカラバイオ
UMNファーマ、レーティング「A」→「C」へ2段階の格下げへ
株初心者ランキング


スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック