リチウムイオン電池向けセパレーター・Wスコープ

リチウムイオン電池向けセパレーターが韓国向けに好調と報道されて、ダブル・スコープ(6619)株価が2日連続でストップ高まで上昇して大商い。6月4日終値は100円高の667円、東証一部市場値上がり率ランキング3位となった。

一部報道によると、韓国企業向けにリチウムイオン電池セパレーター売上高が前年同期比2.6倍に急増したことが投資家の買い手掛かり材料となった。

ダブル・スコープ株価は1月に1184円の高値から、コロナショックで4月に262円まで下落して安値からの回復基調になっていた。日足ローソクは大陽線、窓を開けて株価上昇、短中長移動平均線をも上方ブレイクした。

wscope-chart20200604


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット