安川電機は円高でも成長、ロボット産業革命

yasukawa-china

FA関連・ロボティクス・工場自動化により安川電機の業績が好調。中国では工場設備投資の入り口段階であり、ドイツ証券は「自動化の本格化はこれから、安川電機レーティング「BUY」でカバー開始」とレポート発行した。

外資系証券アナリストレポートは、海外投資家の顧客が多いことで個別銘柄への株価影響も大きい。ドイツ証券ではロボット、サーボモータを主製品に、安川電機は中国市場の成長において、産業革命の恩恵を享受できると注目。短期的な株式市場の停滞ではエントリーポイント(買いの好機)と捉えている。

また円高が日本企業の業績に影響をもたらすと考えられているが、安川電機は1ドル=105円でも順調な利益を生み出せる企業体質になっており、アナリストの見解では高い成長を続けられると評価している。

レーティング新規「BUY」、目標株価6200円、時価4690円なので上値余地が大きい事、機関投資家、投資信託、個人投資家まで幅広い投資家層に注目株として人気が高い。

個人投資家買付銘柄ランキング四半期決算好調、安川電機、任天堂
5%ルール大量保有報告書 安川電機(6506)-三井住友信託銀行
にほんブログ村 株ブログ 株初心者

三井住友アセットマネジメント申込キャンペーン
月々1,000円からムリなく資産形成。スマホ・PCから簡単口座開設!



スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット