横河電機決算ポジティブ株価はリバウンドへ

yokogawa-IR


横河電機(6841)決算内容を受けて株価は日足ローソク窓を開けての大幅高となった。8月7日終値は前日比92円高の1982円、上昇率4.87%となった。ザラバ高値は155円高の2045円まで値上がりする場面もあった。

2020年3月期第1四半期決算(2019年4月~6月)の受注高は前年比2%増の1042億円、売上高2%増の903億円、営業利益37%増の66億円となった。この決算内容は市場予想を上回り、外資系証券アナリストも想定以上との評価をしている。

クレディスイス証券では、「当社予想を上回る前年比約4割営業増益決算。株価リバウンドが期待可能」とポジティブな内容のレポートをリリースしたことが注目された。

横河電機IR決算資料
にほんブログ村 株ブログ 株初心者







スポンサーリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット