世界最大の資産運用会社が日本航空を大量買い

日本航空(9201)にポジティブ材料が出現、世界最大の資産運用会社ブラックロックがJAL株を大量買いしたことが、5%ルール大量保有報告書で判明した。7月22日提出分の資料によると、従来は保有株0%で投資先案件になかったようだが、いきなり1845万株を買い付け、発行済み株数の5.09%の大株主になったことが判明した。

5%ルール大量保有報告書 日本航空(9201)-ブラックロック・ジャパン

http://stockholder.top/archives/52144411.html

JAL-stock

国内大手証券の調査レポートでは、インバウンド関連銘柄としてJAL、ANAが注目株として紹介されている。訪日外国人客数が高水準で推移していることや、円高による影響で日本人が海外旅行へ出かける機会が増えて国際線の旅客数が増加していることから、INとOUTの両面でJALやANAなど日本の航空会社株は注目に値するそうだ。

こちらの記事も読まれています
インバウンドはJAL、ANAなど航空会社にメリット

ブラックロックとは?

ブラックロック(BlackRock Inc.、NYSE: BLK)は、アメリカに本拠を置く世界最大の資産運用会社である。
アメリカ、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、中近東を含む世界24カ国にて拠点を構え11,400名超の社員を擁している(2011年現在)。

運用資産は株式、債券、キャッシュ、オルタナティブ、不動産、アドバイザリー戦略と多岐にまたがり、世界のGDP合計(75兆ドル)の約6%(4.6兆ドル、日本円で約500兆円)にのぼる(2015年時点)。

wikipediaより


にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

468_60




読んでおきたいオススメ注目レポート
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTewylTcXz

5%ルール大量保有報告書 日本航空(9201)-ブラックロック・ジャパン
http://stockholder.top/archives/52144411.html


スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック