レオパレス21にSB傘下の投資ファンドが支援572億円

leopalace21
ソフトバンク傘下の米国投資ファンドFortress Investment Group(フォートレス・インベストメントグループ)がレオパレス21支援、572億円を調達による118億円の債務超過を解消できる見通しとなり9月30日、東証はレオパレス21株式の売買停止を発表した。

翌営業日10月1日は東京証券取引所システム障害により、全銘柄が終日取引停止となる歴史上の事件となった為、出来高ゼロ、10月2日は寄り付き50円高の241円、高値243円まであって大引けは206円で取引を終えた。
8848-chart

5%ルール大量保有報告書 レオパレス21(8848)-株式会社レノ(保有株減少)
レオパレス21 4-6月期は142億円の赤字で債務超過に転落の見通し(東京商工リサーチ)

投資会社レノがレオパレス21株式売却

旧村上ファンド系列と呼ばれる株式会社レノ(東京都渋谷区)と共同保有者の株式会社エスグラントコーポレーション、株式会社シティインデックスイレブンスの3社は、保有するレオパレス21株式を12.08%から8.31%へ減らしたことが大量保有報告書でわかった。

10月9日提出された5%ルール大量保有報告書では、レノがレオパレス株を売却しており、直近でソフトバンク系列の投資会社フォートレス・インベストメントグループが572億円の支援をレオパレスに行い債務超過解消される期待感で株価急上昇したタイミングで売却したのではないかと市場関係者の間で話題となった。

賃貸マンション
お部屋探しはレオパレス21
【LINE証券】スマホひとつで、1株数百円から 証券口座開設

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット