クレーンゲームはインチキだったのか

toreba

ねとらぼ編集部では2020年11月23日に「オンラインクレーンゲーム『トレバ』、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材」との記事を掲載。

お祭りのテキ屋で当たりくじが入っていなかった!という事実を暴いた動画がYoutubeで炎上したのが3年前。https://www.youtube.com/watch?v=30roBDlCA7



これと同じようにクレーンゲームのプレイヤーは、おしい!と悔しがって続けてしまうゲーム。心の底でインチキされているんじゃないかな?と少しだけ思った人は少なくないと思う。

そこへ、こういう記事が出てネットで話題ニュースになっている。さらにサイバーステップIR情報からも正式にリリースが出されている。

サイバーステップIR情報
「ねとらぼ」に掲載されたトレバに関する記事について

「景品が獲得されないよう、日常的に裏操作していました」「1000回以上プレイされても1回も景品が獲れない台はいまだにあります」「アームパワーを勝手に上げた台を従業員自身がプレイして景品を不正獲得していました」――。

サイバーステップが運営するオンラインクレーンゲーム「トレバ」について、現役従業員など複数の関係者がねとらぼ編集部に内情を告発。

「詐欺だと言われても仕方がない」「原因はパワハラ」など、運営の実態を語りました。
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2101/03/news001.html




Cyberstep-chart2020

大量保有報告書 サイバーステップ(3810)-佐藤類(保有株減少)

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット