新株発行で需給悪化懸念で株価急落

michinokubank

みちのく銀行(8350)が急反落。売り気配スタートし、前週末比36円(15.85%)安の191円まで売られ、東証1部の値下がり率ランキングでトップ。6日引け後、公募による新株式発行で3044万株、需給動向を勘案してオーバーアロットメントによる売出し456万株を実施し、72億1018万円を調達すると発表しており、1株あたり利益の希薄化を嫌気した売りが膨らんでいるようだ。調達資金は、2017年9月までに全額を貸出金等運転資金に充当する予定。

|スポンサーリンク

新規上場期待企業、一風堂、あきんどスシロー、スパイバー、みんかぶ
トランプTwitter 日本株への影響「米国工場建設か多額の関税を払わせる」
外資系ファンドが任天堂株を売却へ、デッドクロス・チャートが注目点

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ 

  スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック