菅内閣関連銘柄・ふるさと納税関連銘柄

ヨーロッパで新型コロナ拡大による外出規制が再発令

9月17日~23日の日経平均株価は欧州で新型コロナウイルス感染者拡大により、再び外出制限が発令されるなど景気悪化懸念で売られ株価下落した。米国発では巨額のマネーロンダリング(資金洗浄)に欧米の金融機関が利用されてたと報道されたこともネガティブ材料視され、為替市場ではドル円相場が一時1ドル104円台まで円高になる局面もあった

smbcretail-ranking-20200923

ここからのテーマ株

SMBC日興証券では日経平均株価見通しを「下値は限定的」としながら、日本株の大幅下落は回避されるとの予想を出しており、アメリカ大統領選挙の行方でテレビ討論会でバイデン氏の支持率が上昇すれば増税懸念となり米国株下落、連動して日本株下落の要因となると分析している。

デジタルガバメント関連銘柄
ITbook(1447)、弁護士ドットコム(6027)、NEC(6701)、ネットワンシステムズ(7518)、NTTデータ(9613)

Go To トラベル関連銘柄
オープンドア(3926)、リゾートトラスト(4681)、エアトリ(6191)、JR東海(9022)、共立メンテナンス(9616)

キャッシュレス関連銘柄
GMO Financial Gate(4051)、メルカリ(4385)、Zホールディングス(4689)ヤフージャパン、丸井グループ(8252)

個人投資家買付代金ランキング

SMBC日興証券リテール部門が毎週集計公表しているデータによると、トップは日経レバレッジETFで。次いで「ふるさと納税関連銘柄」としてチェンジ(3962)がランクイン、すき家を展開するゼンショー(7550)は株主優待券人気で権利取りの買いが入り、任天堂(7974)はNintendo Switch向けモンスター最新作が2021年3月発表と決まったことで買われる材料となった。

個人投資家注目銘柄

アナリストレポート無料で読める証券会社

岩井コスモ証券
マネックス証券キャンペーン
・IPO開始ライブスター証券
・手数料の安い「松井証券
Tポイントで始められる投資【SBIネオモバイル証券】
ロボット投信キャンペーン中!THEO+docomo
楽天証券は国内株式現物取引手数料は54円(税込)から

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット