「新規上場企業トップに聞く成長のカギ」

ヴィス(5071)代表取締役社長 中村勇人氏がビジネス情報雑誌『THE21』8月7日発売の2020年9月号に社長インタビューで紹介されている。

オフィスのデザイン、移転、レイアウトを始め、空間・インテリア・ファニチャー・グラフィック・ロゴ・WEB・DTPをワンストップでソリューションし、企業価値を高める「デザイナーズオフィス事業」の株式会社ヴィスとして知名度が上昇している同社は8月7日に2021年3月期通期業績予想を発表した。

売上高は前期比1%増の93億8800万円、営業利益は8.9%減の8億5700万円、経常利益は10.4%減の8億3100万円、当期利益は8%減の5200万円となった。新型コロナウイルス・パンデミックによる世界的に経済落ち込みする中、黒字を確保する見通しは株価に安心感を与えた。

ヴィスIR発表資料によると、緊急事態宣言の発令を機に、休業要請、外出自粛が本格化したことで働き方の見直しに積極的な企業へ積極的な営業活動を行い、デザインやレイアウトによって業務効率化や従業員満足度が高まるデザイナーズオフィスを提供しているという。

個人投資家の間では人気株式評論家が注目株として取り上げたことや、新型コロナによるリモートワーク対応オフィスへの移転需要や物件のウェブ検索が好調で、業績急拡大への期待感から株価上昇している。

THE21 2020年9月号 [ポストコロナの「お金」の新常識/豪華識者が予測! コロナ後のビジネスチャンス【後編】]



https://www.php.co.jp/magazine/the21/ スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット