夢みつけ隊株価は企業価値を織り込んでいない

kabuken

ジャスダック市場に上場の夢見つけ隊(2673)株価が急上昇、9月6日は一時178円の高値まで値上がり、大引けは前日比6円安の146円と失速したが、翌営業日に高値168円まで反発。終値は前日比19円高(13.01%上昇)の165円と急上昇。

夢みつけ隊は東証二部上場企業の技研興業(9678)の第2位株主、保有株比率21.7%、362万株を保有している。筆頭株主は東証二部上場フリージア・マクロス(6343)で、3社とも佐々木ベジ氏が経営に関与している。

株式市場ではEMP攻撃関連銘柄が大幅高、9月に水爆実験を行った北朝鮮がEMP攻撃(電磁パルス攻撃)に触れたことで、電磁シールド関連企業などが「EMP攻撃対策関連株」として投資家からの買い注文が殺到した。

EMP関連では、阿波製紙(3896)がストップ高まで株価上昇、技研興業(9764)も3日連続ストップ高になるなど投資テーマとして短期資金が流入。株の世界では連想ゲームごとく、「佐々木ベジ関連株」なるものが買われた。

技研興業がストップ高、フリージアマクロス、夢みつけ隊、富士通とのTOB合戦となったソレキア(9867)は物色されなかったが、低位株は値幅取りの動きで出来高急増となった。

市場関係者が注目する夢みつけ隊の買い材料は、同社が保有する技研興業株の時価総額が9月7日終値435円、保有362万株で15億6384万円となり、夢みつけ隊の時価総額17億2500万円に近い水準で、現状では夢みつけ隊の企業価値は技研興業株の価値が大半と言えるという。

更に夢みつけ隊はフリージア・マクロス株式を1185万株所有しており、時価25円×1185万株=2億9625万円となり、保有する2社の有価証券価値だけで18億6000万円、この時点で夢みつけ隊の時価総額を上回っており兜町関係者の一部からは企業価値の水準訂正、株価は資産を評価していない割安だという意見が出ている。

ソレキア、富士通がTOB子会社化、佐々木ベジ氏に対抗買収
佐々木ベジ氏、ジャスダック上場ソレキアをTOB(株式公開買付)
阿波製紙ストップ高、EMP(電磁パルス)攻撃関連銘柄として注目

相場ヒーロー伝説 -ケインズから怪人伊東ハンニまで

新品価格
¥2,160から
(2017/9/7 22:33時点)





にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ 

スポンサーリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット